脳梗塞の前兆

脳梗塞とは

脳への動脈が詰まることで起きる病気

動脈硬化図解脳梗塞は、脳への動脈が詰まることで起きる病気です。動脈が詰まることで脳に酸素が運ばれなくなり、壊死を起こしてしまう恐ろしい病気です。また、脳梗塞は様々な障害を起こすことでも知られており、大変死亡率の高い病気です。仮に命が助かっても、後遺症が起こるという難点もあります。脳梗塞やくも膜下出血は、近年増加傾向にあり、特に若い人の脳梗塞や、くも膜下出血等が増えてきています。日々の生活習慣からくる生活習慣病が動脈硬化を招き、それが脳梗塞を起こします。日常生活の中で、予防できるように注意することが必要です。

脳梗塞の原因

アテローム血栓性脳梗塞図解脳梗塞の原因となるのは、主に血栓やアテロームと呼ばれる血管内の重積物で、これらの原因物質は脳以外の場所で起こっている動脈硬化(アテローム硬化)によって発生する場合が非常に多いです。血栓やアテローム以外の原因としては、心筋梗塞や心筋症などの心疾患を原因とする心機能の低下で発生する脳虚血が脳梗塞の原因となることがあります。また、脳出血が原因で脳梗塞を引き起こすことがあります。

スポンサードリンク

脳梗塞の前兆

脳梗塞の前兆を知り一刻も早い治療を

脳梗塞は突然発症し、数分から数時間で急速に症状が進みます。命が助かったとしても後遺症として介護が必要なケースもある恐ろしい病気です。また、脳梗塞となってしまった部分については、すでに脳細胞が死んでいるために再び回復させることは困難です。病気には、前兆と言うものがありますが、脳梗塞にも前兆がある場合があります。早めに前兆に気づいて病院に行くことができれば、脳梗塞を予防することができます。

脳梗塞の前兆【一過性脳虚血発作】

脳梗塞の前兆は、一過性脳虚血発作という前兆があります。この前兆は1/4の脳梗塞患者にあらわれると言われてます。以下の症状が頻繁に起こるようであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。

①片側の手足にしびれを感じる。
②手の力が急に抜けてしまう。
③ろれつが回らなくなる。
④めまいを感じて真っ直ぐに歩くことが困難になる。
⑤人の話していることを正しく理解することができない。
⑥文字が思い通りに書けない。
⑦一時的に物が見えにくくなる。物が二重に見える。

一過性脳虚血発作以外の前兆

一過性脳虚血発作の症状が該当しない3/4の脳梗塞患者にも何かおかしい前兆が見られることがあります。以下の症状がいくつかある場合、脳梗塞を起こす可能性があります。病院に行き、症状を医師に伝えましょう。脳梗塞の前兆だとしたら、発作を予防することができます。

①前触れもなく頭痛や肩こりが起こる。時々顔や唇がしびれる。
②めまいや耳鳴りが常にし、手足にしびれを感じる。文字が思い通りに書けない。
③何もないのにつまづいたり足がもつれる。
④指先がスムーズに使えない。字が下手になった。
⑤人の話していることを正しく理解ができない。
⑥物忘れをするようになった。一時的に意識が遠くなることがある。
⑦食べ物を飲み込みづらくなったり、むせやすくなった。
⑧視界が欠けたり、二重に見えたりする。
⑨精神(うつ病など)や行動(急に笑い出すなど)が不安定になった。

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状

脳梗塞は症例によって様々な症状が起こります。それぞれの症状によって、脳のどこに病巣ができているのかを把握することができます。

脳梗塞の予防

脳梗塞の予防

脳梗塞を予防するには、基礎疾患をしっかりと管理する必要があります。脳梗塞を予防するには、何をすればよいのでしょう?

ページの先頭へ

おすすめのアロマ
エレミ

エレミ

強壮・鎮静・精神安定作用などにより、集中力をアップさせます。また、皮脂バランス調整作用により、乾燥肌や老化肌を改善します。