脳卒中とは

脳卒中とは

脳卒中には色々種類があります

脳卒中脳卒中には色々種類(症状)があります。脳の血管が詰まってしまうことを脳梗塞、脳の血管が破れて出血してしまうことを脳内出血、くも膜下出血と分けられます。脳卒中とは、脳の病気の総称したものです。脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症しているといわれています。脳卒中は、がん、心臓病と並び日本における死因の第3位となっており、寝たきりになる原因の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。脳卒中を起こす時は大体血圧も上昇しています。日頃から血圧が高い人は注意が必要です。

脳卒中の種類と症状

【脳梗塞】脳の血管がつまり、血流が悪くなります。
【脳血栓症】動脈硬化によって脳の太い血管が狭くなり、血のかたまりによって詰まります。
【脳塞栓症】脳の血管に、体内でできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぎます。
【一過性脳虚血発作】一時的に脳の血管がつまります。脳梗塞の前兆の場合があります。
【脳出血】脳の中の細かい血管が破れて出血します。
【くも膜下出血】脳の表面にある大きな血管にコブができて、それが破れてくも膜の下に出血します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ