【脳出血】症状・原因

脳出血とは

脳出血の症状・原因

高血圧が原因で起ります頭蓋骨内で出血することを総称して、脳出血や脳溢血と言います。脳内出血は高血圧性脳内出血と、非高血圧性脳内出血に分かれています。高血圧性脳内出血は、50~70歳代に多くみられ高血圧が原因で起ります。高血圧以外の原因としては、糖尿病、動脈硬化症、喫煙などがあります。
高血圧の早期治療が普及してきているので減少傾向にありますが、高血圧性脳内出血の死亡率は75%と非常に高く危険です。

脳出血の治療

脳内出血を発症してから数日間は、絶対安静が必要になります。再出血を予防するために、降圧剤で血圧を下げます。また、脳浮腫を伴っている場合は、急激に血圧をさげることは低下を招いてしまうため、浸透圧性利尿剤や、ステロイド剤を適量に使い、頭蓋骨内圧亢進症状を軽くしていきます。脳ヘルニアがある場合には緊急開頭術の手術を行います。自然に吸収されない腫の大きさの時は、再出血の可能性がなくなり、脳浮腫が治まった時点で、定位脳手術を行います。

血管が破れる脳卒中

【脳出血】脳の中の細かい血管が破れて出血します。
【くも膜下出血】脳の表面にある大きな血管にコブができて、それが破れてくも膜の下に出血します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ