多発性脳梗塞【痴呆症状】

多発性脳梗塞【痴呆症状】

多発性脳梗塞は痴呆や認知症の原因になります

ラクナ脳梗塞多発性脳梗塞は、大小の脳梗塞が繰り返し起こる状態です。多発性脳梗塞のほとんどは、小さな血栓が発生するラクナ梗塞の多発といわれています。ラクナ脳梗塞は自覚症状が少ないので、気付かないうちに複数の箇所に脳梗塞を起こしてしまいます。多発性脳梗塞は、高齢者に多く、痴呆や認知症の原因となることもあります。

認知症の症状を安定させる

認知症は、治療が難しい病気ですが、食事、散歩など毎日の規則正しい生活習慣や、絵画、手芸、工作、おしゃべりなどの知的行動を通じて、脳を活性化させて症状を安定させることができます。

脳梗塞の種類

スポンサードリンク

ページの先頭へ