脳梗塞の予防

脳梗塞の予防

基礎疾患をしっかり管理しましょう

血液検査脳梗塞を予防するには、基礎疾患をしっかりと管理する必要があります。高血圧や心臓疾患、糖尿病、高脂血症などがあると動脈硬化を起こす確率が高くなります。脳梗塞の一番の原因は動脈硬化です。定期的に動脈硬化の検査をすることをお薦めします。
会社勤めをしている人であれば、毎年健康診断があると思いますが、健康診断には血液検査があり、この数値を見て高脂血症や糖尿病、高血圧などを把握できます。健康診断の結果で再検査の通知がきたら、医者の診察を受けましょう。基礎疾患をきちんと管理することで、結果的に脳梗塞を予防することにもなります。

ストレスをためすぎない

ストレスと脳梗塞の関係はとても深く、過度にストレスがたまったままでいると自律神経が乱れ、血圧や脈拍を上げてしまいます。ストレスから体を守るために出されるホルモンは心拍数、血糖値上げてしまいます。血糖値が上がると血管の壁に傷がつきやすくなるので脳梗塞の原因になります。ストレスをためすぎないように心がけましょう。

規則正しい生活習慣

生活習慣の乱れが、脳梗塞の原因となる基礎疾患、生活習慣病を招きます。バランスのとれた食生活、十分な睡眠、適度な運動などを心掛けることで、生活習慣病予防になります。動脈硬化を招きやすい糖尿病も、規則正しい生活習慣が一番の治療法になります。また、食事と運動で血糖値を下げることができます。自分の生活を見直して脳梗塞を予防しましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ