脳梗塞のリハビリ

脳梗塞のリハビリ

リハビリテーション脳梗塞の治療で一番大事なのは、治療後のリハビリテーションです。脳梗塞を起こして後遺症が残った場合、リハビリテーションを行って脳梗塞で受けたダメージは、脳の性質を活かすことで大幅に改善していくことが可能です。しかし脳梗塞の患者には、後遺症の影響でリハビリにあまり前向きでない場合が多く見られます。少しでも後遺症を改善する為にも、なるべく早い時期から体を動かす訓練をしましょう。
脳梗塞の後遺症のリハビリテーションは、自己流で行わず、専門家の指示を聞いて行うようにしましょう。自宅で行うときは一人で行わず、家族など誰かがそばについていて行いましょう。患者がリハビリを継続していく為には患者の家族によるサポートが重要です。結果がすぐに現れるものではありませんが、根気よく時間をかけて後遺症の改善を目指しましょう。

リハビリの流れ

急性期
早期のリハビリは、機能回復を妨げないように行うもので、できるだけ寝たきりにならないようにするのが目的です。病状が安定し次第、急性期のリハビリテーションが行われます。体の向きを変えたり、麻痺している手足の関節を動かしすなどのリハビリテーションが行われます。
回復期
身体機能の回復が著しい時期に行われるリハビリテーションです。最初はベッドから身を起こすことから始めます。一人で起き上がれるようになったら、歩行訓練が始まります。手の訓練(食事や洗面、字を書くことなど)のリハビリテーションも行われます。
維持期
社会復帰を目指した生活支援のリハビリテーションが中心になります。退院してからも引き続きリハビリテーションを行う時期です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ