脳梗塞の後遺症

脳梗塞の後遺症

症例によって様々な症状が起こります。

脳梗塞には様々な後遺症が爪跡として残ります。梗塞状態が重症な場合は最悪、死亡してしまうこともありますが、血液の流れが止まってしまった個所によって、引き起こされる後遺症は違ってきます。脳梗塞の主な後遺症には以下のものがあります。

顔を含む半身の手足に力が入らない片麻痺(半身不髄)状態になる。
体の片側の感覚が鈍くなったり、しびれるなどの感覚の異常が起こる。
ろれつがまわらない、言葉がでなかったり、言葉が理解できずに支離滅裂になる。
食べ物や飲み物を上手に飲み込むことができない障害。
目的の行為を何か理解しているにもかかわらず、その動作ができない状態。
視野が半分欠けてしまって、両眼の同じ側が見えなくなる後遺症。

その他の後遺症

上記以外にも脳梗塞の後遺症では、精神症状,尿失禁といった障害があらわれます。他にも情緒障害、みずから進んで何かをしようとしないといった自発性の低下、直ぐに興奮状態になるなどの後遺症もあります。
これらのように、脳梗塞の後遺症は人間の日常生活に重大な影響を与えるものが非常に多いです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ