脳梗塞の症状【言語障害】

脳梗塞の症状【言語障害】

構音障害

言語障害には、ろれつがまわらない構音障害(こうおんしょうがい)と、話そうとしても言葉がでなかったり、言葉が理解できずに支離滅裂になってしまう失語症があります。
構音障害は、咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)の運動が両側の脳の働きによって動いていることもあり、多発性脳梗塞になるとよく症状がみられます。

失語症

言語中枢失語症は、言語中枢の障害によって起こります。言語中枢には、ブローカ野とウェルニッケ野と呼ばれる部分があります。失語症は主に運動性失語と感覚性失語の二種類があり、運動性失語はブローカ野が侵されることによって起こり、人の言うことは理解できるのに、言葉を話せなくなってしまいます。感覚性失語は、ウェルニッケ野が侵されることによって起こります。人のいうことが理解できなかったり、たくさん喋るのに自分が何を言っているのか理解できないなどといった症状が起こります。
全て失語は2つの言語中枢を含んだ脳梗塞によって起こり、文字の読み書きの能力も同時に障害をうけます。

脳梗塞の主な症状

脳梗塞の症状は、運動障害、感覚障害、言語障害、嚥下障害(えんげしょうがい)、失行(しっこう)、失認(しつにん)、意識障害など様々な症状があります。※各症状をクリックすると説明が見られます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ